トップページ

双 鶴 同 窓 会ホームページ
阪 神 支 部 ■双鶴同窓会本部、東京支部、京都支部、阪神支部及び各学年同窓会、
   ふるさと舞鶴に関する情報を中心に お知らせしています。
 
同窓生様各位には、双鶴同窓会活性化の為に、情報の提供をお願い申し上げます。
      掲示板へはこちらから
掲示板
 
  令和3年度 双鶴同窓会 阪神支部総会中止のお知らせ 令和3年6月30日


   阪神支部では、今年11月7日、新大阪ワシントンホテルプラザ
   にて阪神支部総会を開催する予定でした。
 
   コロナ禍のもと、支部総会開催の是非を決めるため、
   様々な可能性を考慮し討議を重ねてまいりましたが、
   総会開催の是非はかなり難しい判断になりました。

   6月に、支部評議員・理事を対象に阪神支部総会開催の是非を問う
   アンケートを実施しましたところ、
   支部総会は中止したほうがよいという意見が多数を占めました。
   評議員・理事によるアンケート結果を考慮し、
   最終的には書面による理事会で今年の阪神支部総会中止の決定をいたしました。

   阪神支部同窓会員の皆様、ならびに双鶴同窓会関係者の皆様の
   ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

   コロナ禍が収束し、多人数での宴会が社会のコンセンサスを得て、
   環境が十分整った段階で、来年桜の頃以降、阪神支部臨時懇親会(総会)の開催を考えています。
 
   コロナ禍のもと、お体ご自愛下さい

     令和3年6月30日
         
        双鶴同窓会阪神支部 支部長 谷村久兒雄

  
  
  阪神支部とは


  
   双鶴同窓会阪神支部の結成は昭和50年です。
   その経緯ですが、昭和30年代40年代は阪神地区に双鶴同窓会の下部組織は存在せず、
   阪神地区の同窓生は私的懇親会を開催していたものの、
   公式には京都支部総会に出席していました。
   当時、双鶴同窓会会長であった井関勉氏の阪神支部結成の強い働きかけを受け、
   舞中、舞女、西高の同窓生の全面的合意のもと
   昭和50年6月、大阪銀行協会大ホールにおいて双鶴同窓会阪神支部の結成総会が開催されました。

   以降、2年に一度支部総会を開催していましたが、
   支部活動が最も盛んだった時期、平成3年から平成10年までは、
   定時総会とは別に高校部会の総会を開催していました。
   理由は定時総会の出席者が膨大となるためでした。
   特に平成5年の第10回総会とその前年に開催された
   高校部会の総会出席者の合計は550名にのぼりました。
   その後、阪神支部総会の出席者は徐々に減少し現在に至っています。
   今年で第23回定時総会の開催となりました。

   以下に最近の阪神支部の状況を報告しておきます。

   平成27年、第21回総会を大阪リバーサイドホテルにて開催いたしました。
   出席者は110名でした。
   「海外引揚70周年~舞鶴から世界につなぐ遺産~」と題して、
   舞鶴引揚記念館館長・山下美晴氏(昭56卒)に記念講演を戴きました。
   また、当総会において、支部長が福田徹士氏から谷村久兒雄にバトンタッチされました。

   平成29年、第22回総会を大阪リバーサイドホテルにて開催いたしました。
   出席者は101名でした。
   「海上保安学校長・近藤悦広氏に記念講演を戴きました。
   舞鶴の「かまぼこ」を手土産に準備し、舞鶴名物の物産展も開催し好評でした。

   令和元年11月、第23回総会を新大阪ワシントンホテルプラザにて開催いたしました。
   出席者は110名でした。
   今回の総会開催時間は3時間で、30分短くなり、
   会食時間確保のため記念講演は割愛いたしました。
   懇親会は、数名の名司会者により大変盛り上がっていました。
   手土産と物産展は前回と同様です。

   阪神支部は現在、
   原則として平成2年卒(42回生)の同窓生まで総会の案内状を送付しています。
   また、昭和42年以前の卒業生に対しましては、
   過去6年間で1回以上年会費を納入した同窓生にのみ案内状を送付しています。

   現在、支部が把握している阪神地区の同窓生名簿は約2,200名です(平成2年卒まで)。
   そのうち約半数の1,100名に総会の案内状を送付しています。
   第23回総会では実現できませんでしたが、
   今後、総会の案内状送付数を大幅に増やしていきたいと考えています。

   現在阪神支部は、9名の支部役員と46名の評議員で支部運営をしています。
   全員、ボランティア活動の一貫として、
   ザックバランで楽しい支部総会・懇親会の開催を目指して、支部活動を行っております。

   全国の双鶴同窓生の皆様、各支部総会・懇親会への出席を心よりお待ちしております。

     阪神支部長 谷村 久兒雄
 (令和2年度版 双鶴同窓会会員名簿より)


    ■令和元年 11月16日 
   双鶴同窓会 阪神支部 第23回 総会


       総会の模様をPDFでご紹介いたします。hansin2019soukai.pdf へのリンク

       

   秋晴れの暖かい11月16日(土)、
   今まで開催されていましたホテルから会場も新たに新大阪駅前「新大阪ワシントンホテルプラザ」に移し
   100名を越える会員と来賓の皆様のご参席を得て阪神支部総会が華々しく開かれました。

   開会に先立ち物故会員の方々に黙祷を捧げ、その後全員で校歌を斉唱して総会は、始まりました。
   谷村支部長から令和元年に開かれる総会の意義、阪神支部の今までを振り返り、
   今後ますます支部活動を活発化させたいというお話を聞かせていただきました。

   ご来賓の内藤会長様からは、支部活動の活性化に対しお祝いと励ましのお言葉をいただきました。
   松下校長先生の生徒たちが自分たちで西高をアピールした標語「夢をかなえる場所がここにある」のお話には、
   こちらも勇気づけられ感動しました。西校もますます元気です。

   提案されました議事も満場一致で可決され、引き続き懇親会に入りました。
   ご来賓、増本東京支部長様、斎藤京都支部長様のお祝辞をいただき
   会場は盛り上がりました。

   久しぶりに顔を合わせた同期、先輩、後輩諸氏の楽しい会話が飛び交い話の花が咲きました。
   舞鶴から持参いただきました名品の売店コーナーのかまぼこ、天ぷら、アジ、イワシの開きなども完売し、
   皆さんに大変喜んでいただきました。
   約2時間の楽しい懇親会の締めは、東京支部の澤田さんのエールです。
   全員和して、大声で発声、次回の再会を期してお開きになりました。

   皆さん本当にありがとうございました。


  ■平成30年11月12日 第22回 総会
    
    秋晴れの晴天に恵まれ、
    周辺の紅葉も色ずく11月12日(日)大阪リバーサイドホテルに
    100名を越える会員と来賓が一堂に集い
    阪神支部 第22回が開催されました。

    校歌斉唱、谷村阪神支部会長の話に続き
    松下西舞鶴高校等学校校長と内藤双鶴同窓会会長より
    近況報告や励ましのご祝辞をいただきました。
    提案議事案件も満場一致で可決されました。

    ご講演は、「海上保安学校創立66周年」と題して
    海上保安学校校長の近藤さまより、
    厳しい環境の中で私達の安全安心を守る海上保安官の活動と
    その保安官を育てる保安学校の役割と苦労話をいただきました。

    無事総会を終了し会場を移し懇親会が行われました。

    増本東京支部長、小田京都支部長のご祝辞に続き、
    元会長の鈴木さまの乾杯で懇親会が華々しくスタートしました。
    各テーブル久々の顔合わせで楽しい会話が飛び交いました。
    新しく総会に参加された方のインタビュー、
    お話に参鶴風流音頭も飛び出し盛り上がりました。
    約2時間の懇親会も最高潮に達し、
    締めは、応援歌の斉唱とエールを交換して終了しました。

    皆様本当にありがとうございました。

    ☆投稿されたBBS
    http://soukakudousoukai.bbs.fc2.com/

  

Copyright(C) 2011 Soukakudousoukai 
All Right
s Reserved

0211